2011年03月12日

DETONATOR PX4 SLIDE



届きました!
地震の影響で遅れてはいましたが、無事届きましたよ。デトのスライドが!!
もう、細かいいきさつとか語りたいんですけど、需要もないので割愛、割愛。
いつものように組み込み解説からです。

さてさてさて

こんかいのDETONATORさんのスライド、従来のメタルスライドとはちょっと違います。作動の向上やアキュラシーの向上のためにいくつも純正品とは違うところがあり、ポン付けは可能ですが純正とは全く違った組み込みになります。
さて、そこで出てくるのが説明書ですが・・・・・・今回のエンテン社様の説明書

半端じゃなく分かりやすいです

良くあるモノクロ落書き的な説明書ではなく、ちゃんと説明書になっています。なので、このブログでの解説も殆ど必要ありません(笑)まぁ、それでも実際にやっていて躓きそうな部分はありますので、その解説を含めてさらっとやらせていただきたいと思います。



とりあえず純正のスライドにあるものを全部外してまとめておきます。今回はちょっと特殊なタイプのメタルスライドのため使わないパーツもありますが、一応ちゃんとまとめておきましょう。



説明書に従いリアサイトを組み込みます。まぁ、ここは殆ど純正と変わらないのですが、早速一点。リアサイトを留めるプラスネジですが、純正は頭が丸くなっていてブリーチに干渉するので、付属しているフラットなプラスネジを使います。まぁ、それ以外に難しいことはありません(っていうかこれも説明書に書いてますし)





さくさくいきますが、説明書にあるように次にブリーチをはめ込みます。普通メタル系のブリーチの組み込みって工具がないと重労働ですが、このスライドはまず軽くセットできる位置があって、そこから押し込む方式です。これはかなり便利。むりにスライド広げないのでセンターが狂ったり制度が悪くなる心配がほとんどありません!(素晴らしい!!)



さて、この辺からどんどん純正とは違うパーツが出てきます。で、まず組み込みで躓くのがこの「バレルガイド」ではないでしょうか。説明書にも「はまり込まない場合はブリーチが所定の位置に来ていません。」と注意がありますが、だいたい上記のブリーチの位置決めを指とかでやっていたらそんな位置にはいません。マイナスドライバーなどで叩いて、上の写真のブリーチくらいまで後退させないといけないんです。結構パーツもはまりづらく、パーツ自体が細っそく脆そうなので勇気がいります。



写真とりわすれましたが(爆)このスライドは純正と違いエキストラクターが別パーツになっていて、リアルさが増しています。まぁ、なんちゃってなので連動はしないんですけどね。エキストラクターをセットしたら、先ほどのバレルガイドとネジ穴を合わせて上の写真のように留めます。



最後に特殊なのがこのガイドレールで、自分でイモネジでとめなければなりませんが、説明書がめちゃくちゃ丁寧ですし全く迷いません。

説明書にはないですが、ここまで終わったらセーフティとフロントサイトを着けましょう。まぁ、別にブリーチ入れた後ならどのタイミングでもいいんですが、なんとなく最初に外したパーツは最後に着けたくありませんか?

あと、説明書が実写真なので写真をとることすらやめてしまいましたが(核爆)アウターバレルとインナーバレルの入れ方もちょっと違います。っていうか、実はこの状況はうちの純正カスタムと同じ状況なんですよ。物がないと説明しずらいんですが、アウターバレルのフロントの径を大きくすると、アウターバレルを入れて前進させた後じゃないとインナーバレルが入りません。まぁ、分解を楽にするための「遊び」がめちゃくちゃ精度に影響していたので排除したんですね。このへんの仕様変更、本当にツボを抑えているいいカスタムパーツです。


まぁ、ざっとこんな感じで、実はかなり簡単に組み込めてしまうのですが、純正から乗せかえるだけのカスタムをしていると、ちょっと戸惑うメタルスライドです。でも、色々「へぇ」「ほぉ」とメーカーの工夫を感じながらカスタムできるので、チューナーとしてはチューニングの勉強にもなりますね。
詳しい所感などは後日にしますが、とりあえず動画をアップしてみましたのでご覧あれ。



一応各所磨り合わせ・・・・・・っていうか、形状が結構複雑なのでスポンジ研磨やパウダー研磨などで色々試していますが、まだ室温20℃では16発~20発がスライドストップの限界です。もちろん動画くらいのスピードで連射してなので、精密やタクティカルな場合はもしかしたらもうちょっと持つかもしれませんが・・・・・・。なにぶんアウターもスライドも重いので、これを快調に作動させるのは結構難しいかもですね。






同じカテゴリー(KCW)の記事画像
最近
G39 C-MAG もどきのプロト(笑)
WE G39 MAGPUL CUSTOM 動画撮りなおし
G36 実銃動画との比較
WEG39C フルカスタム 再び
久しぶりのG39C
同じカテゴリー(KCW)の記事
 最近 (2011-07-11 11:54)
 G39 C-MAG もどきのプロト(笑) (2011-04-22 14:16)
 WE G39 MAGPUL CUSTOM 動画撮りなおし (2011-04-12 19:21)
 G36 実銃動画との比較 (2011-04-11 21:44)
 WEG39C フルカスタム 再び (2011-04-11 17:38)
 久しぶりのG39C (2011-04-09 22:40)

Posted by 影山 回  at 18:54 │Comments(2)KCW

この記事へのコメント
こんばんは!
コメありがとうございました。

デトのスライド来ましたか!

なかなか良さそうですね~

そっちにすれば良かったと、ちと後悔w

以前の記事を拝見しましたが、色々カスタムされてるみたいですね。

今後の参考にさせてもらいます。
Posted by エロるエロる at 2011年03月13日 01:07
エロる様>
いえいえ!
こちらこそご来訪ありがとうございました。

やはりスライドはデトかシューターズです。欲を言えばプライムも捨てがたし・・・・・・。まぁ今のところデトしかないのでデト一択だったわけですが(笑)

今回のスライド、非常に凝ったつくりですよ。後で少々解説しますが、買って損はないと思います。まぁスライドとアウターバレルで新品のG39買えると思うと微妙な気分でもあるんですけどね(笑)

うちは外装よりも徹底的に内部カスタムなので、個体差が激しい場合流用しにくいですが、是非とも参考にしてください。特にシングルアクション化、シリンダーバルブをハイキャパ化するとかなり見違えた動きになりますよ!
Posted by 影山 回影山 回 at 2011年03月13日 01:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

     アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ!            
オーナーへメッセージ
カテゴリ
KCW (80)
JOB (3)
EQ (4)
ETC (19)
ANM (2)
< 2017年11月 >
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
影山 回
影山 回