2010年12月11日

ライフルレスト&計測機器

先日、ストライクアームズ様からご提供頂いたスプリング関係が無事到着いたしました。本格的にG39Cのブローバックとサイクルの計測を開始しますが、その前に。「そういえばしたことがなかったなぁ」と思い、我が家のライフルレスト&計測機器を紹介します。





こちらがライフルレストと計測機器関係。
まずライフルレストですが、ぶっちゃけただのワークベンチです(笑)しかし、ホームセンターで5000円~10000円くらいで売っていますが、価格と性能(固定力と水平レベルの出しやすさ等)からいうと下手な猟銃用ライフルレスト等を買うよりもよっぽど実用的です。また、ライフルだけじゃなくハンドガンもしっかり固定できるので、あらゆるスコープのセッティングやゼロインの調整に使えます。普段は作業台にもなりますし、使わないときは折りたためるので、かなりオススメ。とまぁ、偉そうに書きましたが

これは全部友人のパクリです(笑)

ご自宅にお邪魔した時にスコープのセッティングを見せて頂いて、そのときに使っていたのがワークベンチなんです。ネットでも色々な方が自作のライフルレスト等を紹介していまして、それはそれで素晴らしいとは思うのですが、非常に手軽に手に入り且つ多目的に使えるので、ワークベンチという発想はレスト台としては最高だと思います。重量も約4Kgと軽いですが、必要であればそれぞれの足にテント用のウォーターウェイトをつければ、まずびくともしないくらいしっかりとしたレスト台になります。またライフルの固定も挟むだけではなく、ZURUというアメリカのメーカーが出している「LINK STRAP」を使えばさらに固定が強化され、ちょっと蹴っ飛ばしたくらいじゃ水平レベルが狂わないという状態になります。ホームセンターで一式揃えても、安ければ8000円くらいで済みますので15000円前後の安価なライフルレストなどより、よっぽど実用的です。嵩張る事と見た目が微妙ではありますが、俺は断然こちらの方法をオススメします。

次に計測関係ですが、まず一番左にあるのが今回初めて導入した

加速度センサー付震度計

加速度センサーというものは、一般的にはあまり知られていませんが、貨物や精密機器の衝撃実験や工事や工場の振動検知など幅広く使われているものです。厳密には違うのですが、簡単に言えばモノの振動レベルがどのくらいかを表すことの出来る計器です。で、有名なのが「リオン」というところが出している振動計なのですが、だいたいリーズナブルなもので20万円くらいします(^_^; リースでも1週間で15000円~20000円と高額で、個人で借りるものではありません。また、ハンディタイプの簡易振動計もあるにはありますが、それでも5万円~10万円前後と結構高額です。ですが、今回導入したのは家庭用の地震検知器で、震度と加速度センサーによる振動レベルが測れるものです。フリースタイルというメーカーの「グラグラフ」という商品なのですが、なんとお値段9800円。高いと思われるかもしれませんが、上記のように加速度センサー付の振動計などは安くて20万円、高いと150万円くらいが普通という世界なのでこれはめちゃくちゃ安いです。これの導入によって、上記のワークベンチにライフルやハンドガンを固定して「グラグラフ」を設置すれば、恐らく業界でも初のブローバックのキック力の数値化と比較が出来るんです。もう、データーマニア(笑)にとっては夢のような事態ですね(爆)
以前から、カスタムパーツの中でもリコイルスプリングって「体感」でしかノーマルとの性能を比較できなくて、ユーザーの主観のみのデーターからしか購入できなかったのが悩みの種でした。で、さらにWEのG39Cに対してはストライクアームズ様から6本のカスタムスプリングが出ていて、純正を併せると7本のスプリングで実験できるんです。これは絶対実験してみるべきだと、かねてから構想していた加速度センサーの導入を決定しました。結果、各PS3ソフト(GT5やTOGf)を見送るという事態になり、テレビでCM見る度に涙がちょちょぎれるんですけどね・・・・・・。

あとはキッチンスケール(±3000g)と3mメジャー兼水平レベルメーターです。水平レベルメーターはスコープのセッティング等には必需品なので、余裕が出来たらもうちょっと良いものを導入したいと考えています。あと、可能ならサイレンサーの性能比較に音量計測機やら弾の精度を測るためのデジタルスケール、ターゲットの位置をセッティングするためにレーザーレンジファインダーが欲しいとか、物欲が尽きません。その辺は友人が既に高レベルで所持をしているので、ご協力頂けるようなのですが・・・・・・。
データーの計測は本格的にやりだすと、そっちにかなりお金がかかるので肝心な銃本体に手が回らなくなりそうです(^_^; 来年、結構色々噂を仕入れているので早々に20~30万くらい貯めなければって思っているんですが、もうギャンブルとかしか方法がなさそうです(笑)コカコーラのCMとか出れないかなぁ(爆)







同じカテゴリー(KCW)の記事画像
最近
G39 C-MAG もどきのプロト(笑)
WE G39 MAGPUL CUSTOM 動画撮りなおし
G36 実銃動画との比較
WEG39C フルカスタム 再び
久しぶりのG39C
同じカテゴリー(KCW)の記事
 最近 (2011-07-11 11:54)
 G39 C-MAG もどきのプロト(笑) (2011-04-22 14:16)
 WE G39 MAGPUL CUSTOM 動画撮りなおし (2011-04-12 19:21)
 G36 実銃動画との比較 (2011-04-11 21:44)
 WEG39C フルカスタム 再び (2011-04-11 17:38)
 久しぶりのG39C (2011-04-09 22:40)

Posted by 影山 回  at 17:14 │Comments(5)KCW

この記事へのコメント
質問なんですが、商品の提供を受けレポートを出すならば使用する銃はノーマルではないと比較対象に出来なくありませんか?色々計測機器を取り揃えているので余計なお世話かもしれませんが私もこちらのブログは参考にさせていただいている為気になった次第です。
Posted by タキ at 2010年12月11日 17:21
タキ様>
コメントありがとうございます!

そうなんです!そこなんですよ。もちろん、商品のレポートはこっちが「やりたい!」って言っているだけで頼まれたものではないのですが(あくまで自己満足の世界です)、本来なら完全ノーマルにしたいんですよねぇ。ハンマースプリングはストライクアームズ様のものなのでともかく、シリンダーバルブスプリングやボルトの重さまで変わっているので、このままでは一般の方の参考になり難いと思っています。

半分以上自分のための実験ですが、一応計測する際は最悪でもボルトとシリンダーバルブスプリングは戻して計測するつもりです。それでもノーマルと比べるわけではないので、どうしようかなぁというのが本心なんですよね。
Posted by 影山 回影山 回 at 2010年12月11日 17:45
ここは一発もう一丁購入!と言う訳にも行きませんからね。そういう私も購入してまだ三日だと言うのに内部にかなり手を加えてしまいました。この銃は所持するものに対しカスタムしろオーラを発しているのかもしれませんね(笑)
Posted by タキ at 2010年12月11日 20:22
タキ様>
いやぁ、もう、余裕があったら本当に購入しちゃいたいです(笑)でも、年内にはGT5とTOGfをやりたいのでダメなんですが(爆)誰か貸して~っていうのが心の叫びです(^_^;
おぉ!やはりやってしまいますよね(笑)外装内部共にかなりの種類流用がきくので、サードパーティ漁り放題ですし。素が安いので内部パーツなんていくら手に入れても次世代電動ほどお金かからないですからね。さらにマルイと違ってそこまでしっかりとバランスを考えられて(そもそも134a用ではないですし)作られていないので、カスタムパーツ組み込んだ方が作動も精度も良くなるパターンが多く、最近のトイガンにしては珍しいパターンだと思います。
ちょっとトイガン弄りが好きな人だったら、ノーマルでほっとけない魅力たっぷりなのは間違えありません(笑)
Posted by 影山 回影山 回 at 2010年12月11日 20:46
Your article was excenlelt and erudite.
Posted by Arnav at 2013年12月26日 01:01
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

     アルトネリコ総合情報ファンサイト「アルポータル」サイトはこちらへ!            

オーナーへメッセージ
カテゴリ
KCW (80)
JOB (3)
EQ (4)
ETC (19)
ANM (2)
< 2017年05月 >
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 10人
プロフィール
影山 回
影山 回